奈良県 | 看護師求人全国情報センター






転職は条件を良く確認して決めましょう

求人票に書かれた条件と実際

転職をお考えの看護師のみなさんは、きっと多くの募集をご覧になっていることでしょう。奈良県の病院などで職場を探している方もそうでしょう。
そして、それぞれの求人の条件を精査して、転職先を決めているはずです。
ところが、よく見て決めたはずであるのに、実際に転職をしてみてこんなはずではなかったと思う方もいます。
以前、奈良県内の病院で転職したことのある方でもそういった経験をした方もいるかもしれません。
なぜ、そのようなことになってしまうのでしょうか。
転職して失敗したと思わないように、次のポイントをしっかりとチェックする必要があります。
チェックしたいポイントとは、給与、勤務時間、休日などです。奈良県をはじめ全国どこの病院等を選ぶ際にも大切なことです。

給与の考え方

給与なら求人票に書かれているではないかと思われるかもしれません。
目安となる給与は書かれていますが、経験や年齢などによってそれぞれ給与は違ってくるのが普通です。
また、諸手当などによっても総額が違ってきます。奈良県に限らず病院ごとに決まっているでしょう。
また、賞与のあるなしはかなり重要です。
基本給が高くても賞与がなければ年収が低くなりますし、基本給が安くても賞与があれば年収が高く場合もあります。
それと、交通費や福利厚生などもあわせて考えてみてください。

表記通りではない勤務時間

求人に何時間勤務と書かれていたとしても、その通りの勤務時間にならないこともあります。
例えば、勤務時間が終わってから申し送りをするとなると、勤務時間が終了しても帰ることができません。
勤務時間内に申し送りができるかどうかによって、トータルの勤務時間はかなり違ってきます。
また、週休2日制と完全週休2日制とは違います。
毎週必ず2日間の休日があるのが完全週休2日制で、2日間の休日がある時もあるのが週休2日制です。
これは、年間休日をチェックすれば簡単に判断することができます。

条件の確認はしっかりと

転職にはその後の将来がかかっているといっても言い過ぎではありません。
前職で不満であったところを、転職先で手に入れたいと思われているのであれば、なおさら勤務条件はしっかりと確認することをおすすめします。
表面上に書かれている条件だけではなく、そこに書かれている本当の意味を知ることも大切です。
看護師の求人は多くあるのですから、自分に合った奈良県の病院に転職する為にも条件をよく確認することをオススメします。