福井県 | 看護師求人全国情報センター






転職を決めたら

どんな仕事をしたいのか

転職をするきっかけは人それぞれでしょう。
結婚、・出産であったり、スキルアップだったり、人間関係などのトラブルだったりします。
理由は何であれ、次に自分は看護師としてどんな仕事を行いたいのか目的意識を持つことが大切です。
目的意識をしっかりと持っていないと自分の看護観との相違が大きくなってしまい、仕事のモチベーションが下がってしまう可能性があります。
まずは、自分のしたい仕事を絞りましょう。
現在、看護師は福井県のみならず、どこの地域でも必要とされており、訪問看護師や訪問指導、地域包括センターなどの場でも活躍しています。
福井県内の病院やクリニックなどの直接的な医療現場にとらわれず、日常生活援助での看護に目を向けるのもいいかもしれません。

自分の都合にあった仕事を見つける

やりたい仕事があっても、条件が合わなければ意味がありません。
求人雑誌でも看護師募集の内容を取り上げる事が多々あり、求人数も多くあります。福井県での求人も多く、
介護施設・病院でも日勤のみだったり、夜勤専属だったり、未経験可やブランク可の場合もあります。
期間・時間限定の仕事もあるので、探せば、自分のやりたい仕事で条件の揃っているところは多くあるはずです。
探し方は、転職サイトの利用や求人雑誌、福井県のハローワークなどがあります。
また、病院や施設などによってはサイトでのみ募集を行っている場合もあるので、チェックしておく必要があります。
好条件、高給与の情報が見つかることもあります。かかさず、チェックをしていれば福井県内で自分の条件にピッタリ合う求人が見つかるかもしれません。

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトの場合は、間に仲介役として入ってくれるので、安心して転職活動に励むことが可能となります。
また、不採用の時には、しっかりと原因を確認してくれるので、次の時に生かす事ができます。
場合によっては、面接に同行してくれるので、フォロー体制が整っていると言えるでしょう。
それだけでなく、応募したい会社のメリットやデメリットを教えてくれる事もあるので、凄く参考になります。
ただ、メールや電話でのやりとりを仲介役と行わなければ、ならないので、互いの時間があわないと、なかなか話が進まないというデメリットがあります。

個人応募のメリット・デメリット

個人応募になると、一人で全て行うので、行き違いの問題は少ないといえます。
採用・不採用の結果も直接来るので、仲介役を通した時間差はなくなり、すぐに次の行動に移す事が可能になります。
しかし、不採用の場合、断られた理由が募集枠を超えたためか、自分の態度などに不備があったのか不明であるため、何度も面接を受けなければならない可能性があります。